エンタメ

難病にかかり、家から出られなくなってしまった少年。その後、部屋の窓から外の光景を見た彼は、思わず笑みがこぼれた。

あんぱん
あんぱん
心が温かくなる(^^♪

 

アメリカ・ミシガン州に暮らすクイン・ウォータースくん。

2019年2月、彼は3歳の誕生日を迎えますが、その直後、衝撃の事実を知らされることになります。

クインくんが悪性脳腫瘍の一種『髄芽種』と診断されてしまったのです。

 

手術を受けたクインくん

数日後、クイン君は手術により腫瘍の95%を除去。

さらにその後数か月、化学療法や入院を繰り返し、別の手術も受けました。

そして、最後の化学療法の後、クイン君は自宅の別室に1人隔離されることになります。

部屋から出ることが出来なくなったクイン君にとって、窓から見える景色が唯一外とつながれるものでした。

 

次ページ:クイン君をたくさんの『訪問客』が訪れる!

1 2