トレンド

スタントマンが交通安全教室に参加!しかし、とんでもない末路になってしまい現場騒然…

4月12日に京都市にて開催された交通安全教室にて、スタントマンが交通事故を再現する際に、本当の事故が起こってしまいました。

 

スタントマンがトラックにひかれて死亡

スタントマンの中村佳弘さん(34)は、道路を横断し、トラックの死角に入って轢かれる高齢者役。

接触した後は、バンパーにしがみつき、数十メートル引きずられる予定でした。

 

しかし、中村さんは時速約10キロで走るトラックの車体下に巻き込まれてしまいました。

その後、病院に搬送されましたが、同日夜、帰らぬ人となりました。

 

交通安全教室は打ち切り

この安全教室は、市が「ワーサル」という会社に委託し、開催したそうです。

中村さんは、この会社で3年の実務経験があり、指導まで担当していました。

 

この安全教室には、生徒など約570人が参加していましたが、途中で打ち切られました。

他にけが人はなく、警察は詳しい原因を調べています。

 

みんなの声

まとめ!

今回起きてしまった悲劇。

もう二度と、このようなことは起こってほしくないです…

中村さんのご冥福をお祈りいたします。