トレンド

「私には夢があって…」だまされて12歳で売春宿に売られた少女。その壮絶な末路がこちら…

あんぱん
あんぱん
なくならない児童売買

今も世界のどこかで児童売買が行われている。

日本ではあまり聞くことはないだろうが、これは紛れもない事実なのである。

児童売買の被害に遭っている子どもたちの数は、なんと年間100万人にも上る。

年間100万人もの子どもたちが、性的に搾取されるために誰かに売られ続けているのだ。

児童売買、衝撃の実話

http://girl-travel-cambodia-rebornpg.hatenablog.jp

実際に児童売買の被害に遭った少女の、衝撃の実話がある。

彼女の名前はミーチャ。

東南アジアの貧しい農村で暮らすミーチャは母親を亡くしており、父親には職がありませんでした。

そして、彼女にはたくさんの弟や妹がいましたが、十分に食べ物を食べさせてあげることも出来ず、学校にも行けませんでした。

この状況をどうにかしようと考えたミーチャは、

「私が働きに出れば、家族が助かる」

と働きに出ることにしたのです。

しかし、その先で彼女は騙され、売春宿に売られてしまったのです。

それからは、殴られながら働かせられる日々が続きました。

そして、そのような日々が続いているうちに、彼女はエイズを発症してしまうのです。

その後、彼女は20歳という若さで亡くなってしまいました…

彼女が亡くなる直前に行っていた言葉があります。

「私には本当に夢があって…
学校へ行って、勉強というものをしてみたかったなあ…
もし勉強することができたら、私みたいに売られる子どもを助ける警察官になることができるから」

 

児童売買撲滅支援団体『かものはしプロジェクト』

2002年に立ち上げられた『かものはしプロジェクト』。

このプロジェクトでは、カンボジアで人身売買が起こらない仕組みをつくるための活動をしている。

実際に、カンボジアでこのプロジェクトは成果を上げており、「騙されて子どもが売られる」という問題を解決したそうだ。

そして、次にかものはしプロジェクトが問題解決に乗り出しているのが、人身売買の規模が世界最大と言われているインド。(1人2万で売られるという)

2022年までに問題を解決することを目標としている。

アンケートに答えて支援をお願いします!

かものはしプロジェクトでは、社会の仕組みを変えるための取り組みや、被害者への支援を行っている。

以下の無料アンケートに答えていただくと、10円の支援金がかものはしプロジェクトへと寄付される。
アンケートの質問は3問だけ、30秒で終わるのでぜひやっていただきたいと思う。

『かものはしプロジェクト』支援アンケートはこちらから

 

世界から児童売買が亡くなることを願ってやまない。

 

この記事に興味を持った方はシェアをお願いいたします!