エンタメ

【衝撃】酸性の温泉に落ちてしまった男性。翌日、男性を見つけた捜索隊はその目を疑った。

あんぱん
あんぱん
衝撃的な事件…

アメリカ・イエローストーン国立公園にて、衝撃的な事件が起きた。

酸性の熱水泉に落ち死亡した男性の遺体が、溶けてなくなってしまっていたのだ

 

立ち入り禁止区域内の熱水泉に転落してしまう

「イエローストーン国立公園 熱水泉」の画像検索結果https://t.cll-j.com/yellowstone-national-park/より

地元局によると、死亡したのはオレゴン州・ポートランド出身のコリン・スコットさん(23)。

コリンさんは今年の6月、兄弟のセーブルさんと共にイエローストーン国立公園内の指定された歩行ルートを外れ、立ち入り禁止区域内にある熱水泉に入った。

2人は、温泉としてめぼしい場所を探していたのだという。

お湯の温度を確かめようと水泉に手を伸ばしたコリンさんだったが、この時誤って足を滑らせ、熱水泉の中に転落してしまった。

翌日、捜索隊が現場に行くも、遺体が消失。

通報を受けた捜索隊は、熱水泉の中にコリンさんの遺体を発見したが、日没と雷雨が迫っていたためこの日の捜索を断念。

翌日現場に戻ると、泉の中にあったコリンさんの遺体は消えていたという。

国立公園のベレス保安官は、「きわめて短時間の間にかなりの溶解があった」と話している。

事故報告書には、
「遺体がないため、回収作業は中止された」
「熱水の酸性濃度や温度の高さゆえに、遺体は夜の間に溶けてなくなってしまったと思われる」
と記述されている。

自然の中で身勝手な行動は慎もう

この事故現場は、イエローストーン国立公園内でもマグマが大量に供給され続ける超巨大火山の端であった。

この現場は立ち入り禁止区域に指定されており、ベレス保安官は「この地域は活発な地熱地帯だ。立ち入り禁止区域が定められているのは人々の安全を守るためで、そこが極めて過酷な環境だからだ。」と話している。

今回のような事故を聞くと、こうした大規模な自然公園内では身勝手な行動は慎み、定められたルールの中で楽しむべきだということを思い知らされる。