トレンド

【山口真帆さん問題裏話】NGT48メンバーの約30%はファンと不適切な関係だった!?

NGT48所属の山口真帆さんが自宅マンションにて暴行被害を受けた事件について、運営会社のあまりにも不誠実な対応や、ずさんな管理体制などが世間から批判されています。

 

この暴行事件は、NGT48のメンバーが犯人グループに関与しているという山口さんの証言により、一気に波紋を広げました。

 

調査報告書では、「メンバーと犯人グループのつながりはなかった」と否定されていますが、メンバーからの事情聴取によると、12人のNGT48メンバーがファンとの間に不適切な関わりがあることが明らかになりました。

 

メンバー42人中12人がファンと不適切な関係を持っていた!!

「ngt48」の画像検索結果

 

アイドルグループにおいて、12人ものメンバーがファンとの間に不適切な関係にあることは前代未聞の事態です。

この件に関し、NGT48を管理するAKSは、メンバーの責任とはではなく、運営体質やメンバーの管理の仕方に問題があったと判断。

該当メンバーを不問にする判断をとりました。

 

また、個別の過剰なバッシングは避けるため、該当メンバーの名前は公表していません。

 

揺らぐファンとの「信頼関係」

「ngt48」の画像検索結果

12人のメンバーがファンとの間に不適切な関係を持っていたことで、NGT48のファンの方々の心中はかなり複雑なものになっていることでしょう…

該当メンバーの名前が公表されていないことで、自分の推しメンバーが他のファンと関係を持っていたという可能性もなくはないわけです。

疑心暗鬼にならざるをえません。

 

仮にこの問題が収束したとしても、NGT48メンバーとファンとの信頼関係が元に戻るまでには時間がかかりそうです。

 

まとめ!

NGT48メンバー42人のうち、実に12人がファンと不適切な関係を持っていたという驚愕の事実が明らかになりました。

この件を境に、運営会社にはしっかりとした管理体制をつくってほしいですね!

そして、山口真帆さんが受けた暴行事件の一日でも早い真相解明を心から願っています。

もう二度と、このようなことは起こらないようにしてほしいです。