トレンド

【緊急注意】ついに来るか南海トラフ…ここ最近関東近郊で絶えず起きている大地震前の前兆現象がこちら!

しょ小規模のhat face=”in179027059703124219349.png” name=”あんぱん” align=”left” border=”red” bg=”red” style=”maru”]ついに来てしまうのか…[/chat]

 

このところ、関東地方を中心に、日本海側などでも大きな地震が観測されている。

「これらの地震は南海トラフの前震では?」

と考える人も少なくないそう。

 

そんな中、こういった地震以外のもので、”大地震の前兆現象”とも捉えられるあるものが全国各地で発生しているというのだ。

 

 

全国各地で観測される”地震雲”

それは、地震雲だ。

地震雲とは、大きな地震の前後に現れる雲のこと。(科学的には証明されていない)

これまでも大きな地震の前には異様な形をした雲や、普段見られないような雲が目撃されたという情報が多々ある。

 

ちなみにこれを書いている私自身、東日本大震災が起きる直前、東北地方の方角に異様に黒く空一面を覆いつくすような、今まで見たこともないような雲を見た。私たちがいる場所は全くの快晴であるにも関わらず、だ。

 

 

そんな地震雲、現在全国各地で目撃情報が相次いでいる。

 

科学的には解明されておらず、信ぴょう性はわからないが、こうも特徴的な雲が全国で見られるというのはすこし怖い気もする。

 

地震に備えよう!

東日本大震災や熊本地震の際の直前には、小規模の地震が頻繁に起こっていたそう。

これはスロースリップ現象と呼ばれるそうなのだが、最近日本で頻繁で起きている地震もこのスロースリップ現象なのではないか、という見方もあるそうだ。

 

近々、本当に来るかもしれない。

 

いつ地震が起きても大丈夫なように、備えはしっかりとしておこう。

 

 

参照