トレンド

【速報】京アニの大火災、被害に遭った女性が衝撃の爆弾発言・・・

あんぱん
あんぱん
被害女性のお話です!

 

18日午前、京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」にて、放火事件が発生。

40人近くの死傷者が出たこの事件、現場では救急車や消防車の音が鳴り響き、一時騒然となった。

 

徐々に事件の全貌が明らかになっていく中、全身にやけどを負い、近くの商店に駆け込むッ京アニの社員らしき20代女性の姿を目撃したという話を近所の女性が話してくれた。

 

「知らない人から灯油のような液体をかけられた」

「京アニ」の画像検索結果https://www.asahi.com/articles/ASM7M5617M7MPTIL02Z.html

近所に住む60代の女性によると、現場から約90m離れた米屋に、全身にやけどを負いながら「助けて」と駆け込む女性の姿が目撃したという。

彼女は悲鳴を上げながら、「知らない男に灯油のような液体をかけられた。助けて」と叫んでいたそう。

足からは出血し、服も破れていたという。

 

救急車が到着するまで、米屋の店員は水をかけ、応急処置。

女性は次第に口数が少なくなったそうで、その後救急車で運ばれていった。

 

目撃情報、続々

以下、現場近くにいた目撃者たちの証言をまとめる。

 

〇現場近くの女性会社社長(73)
「煙が上がる中、屋上から雨どいを使って下りている男の人をみた。肩から血を出していたり、顔が赤くやけただれたり、10人くらいはけが人がいた」

 

〇近くに住む80代の男性
爆発音を聞いた10分後に現場に到着。玄関のところで2,3人の男性がうつぶせになりながら倒れているのを発見。「怖い」と絶句。

 

〇現場近くに住む男性
午前10時半ごろに仕事から帰宅。ベランダから黒煙、赤い炎が見えたそう。

 

〇近くの会社に勤める男性社員
「2階部分から火が燃え上がり、全体に広がった。煙もすごい勢いで出ていた」

 

 

 

参照