トレンド

見たら二度と忘れられない。人類が残した悲惨な歴史を物語る8の衝撃的な写真がこちら。

あんぱん
あんぱん
衝撃的な写真!

 

今まで、長い年月をかけて発展してきた人類。

その発展の間には、良いことばかりではなく、少なからず目を覆いたくなるような、悲惨なことも多々あった。

この記事では、その悲惨な面をよく表した、8つの衝撃的な写真を紹介していこうと思う。

 

英国発の奴隷貿易

2_e15

1868年1月11日に撮られたこの写真は、英国海軍ダフネ号で撮影された。

奴隷の子どもの姿がたくさん見られるが、この子どもたちは売られなくて済んだそうだ。

 

ちなみに、今でも奴隷制度が残っている地域があるそう。

一日でも早く奴隷制度というバカげた制度が地球上からなくなることを願う。

 

絶望に泣き崩れる少年兵

3_e16

ヒトラーユーゲントのメンバーの16歳ハンス・ケオルグ・ヘンケ。

絶望と恐怖に打ちひしがれる彼の様子を写したこの写真は、ドイツが降伏する1日前に撮られた。

あんぱん
あんぱん
二度と戦争のない世界に…

 

ベルリンの壁での救出劇

4_e12

子どもがベルリンの壁によって両親と離れ離れになっていたことを知っていたこのドイツ兵。

彼は捕まらないように辺りに注意を払いながら、子どもに有刺鉄線の上を超えさせた。

あんぱん
あんぱん
勇気ある行動!

 

餓死させるために箱に閉じ込められた女性

6_e9

1913年に発表されたこの写真。

独立したばかりのモンゴルでは、犯罪者への処罰の方法は、このように箱の中に閉じ込め、餓死するまで晒すことであった。

あんぱん
あんぱん
むごすぎる…

 

ホロドモール

7_e7

1932年から1933年にかけて、ウクライナで起きた飢饉。

ソ連によって意図的に引き起こされたとされる飢饉で、何百万人というウクライナ人が餓死させられたという。

この写真の中で奥に横たわっている人たちは、すでに亡くなっている状態。

この頃、通りにはたくさんの遺体が放置されていたそうだ。

あんぱん
あんぱん
なぜソ連はこんなことをしたのか…

 

 

上海の廃墟駅で泣き叫ぶ赤ちゃん

8_e6

廃墟となった上海南駅で撮られたこの写真。

母親の死体のそばで泣き叫ぶこの赤ちゃんの名前や性別は不明。

この赤ちゃんは、なんとか生き残ったそうだ。

あんぱん
あんぱん
胸に来る写真。。

 

ナチスの強制収容所・集団墓地

9_e5

ナチスによって5万人が虐殺されたといわれるベルゲン・ベルゼン収容所。

この写真の中心に立っているのは収容所の医師であるフリッツ・クライン。

働けない囚人を選別し、ガス室送りにしていた人物だ。

彼は後に絞首刑となった。

あんぱん
あんぱん
あまりに凄惨すぎる…

 

長崎の兄弟

10_e7

原爆投下直後、長崎で撮られた写真。

背中に負ぶっている弟はこの時、すでに亡くなっている。

兄は、焼かれていく弟を涙を見せずに見つめていたそう。

なんと強い男なのだろうか。

あんぱん
あんぱん
世界一立派な兄。

 

参照